リフォーム専門用語紹介

717

こんにちは。

愛知県岡崎市のリフォーム会社 アップサービスです。

今回はリフォームに関する専門用語を少しだけご紹介します。


それではどうぞ。



OEM

Aという会社で作った製品にB社のブランド名をつけてB社に供給すること。

すなわち、商品としては同じものを2社以上のブランドをつけて販売するので、B社としては、自社で作らない分、コストダウンになる。


【珪藻土】(読み:けいそうど)

水中のプランクトンの死骸が堆積し、化石化したものです。

最近、炭素繊維混入型の既調合製品が登場しており、仕上げ材として注目を浴びています。

多孔質で調湿性・吸音性に非常に優れています。

様々な塗り方で個性豊かな表情を表現させる事が出来るのも人気の秘密です。


【RC造】

建物が鉄筋コンクリートで作られている構造


【インフィル】

住戸内の内装、設備など


【スケルトン状態】skeleton

内部造作を全て取り除かれた、コンクリートだけの状態。

スケルトンとは『骨組み』を意味しますがリフォームをする際に内部造作を全て取り除きコンクリートの床・壁 だけにした状態の事を言います。

また、その状態でいちから平面プランを作り直す工事をスケルトンリフォームといいます。


VE手法(バリューエンジニアリング)

製品やサービスの機能的価値を低下させずに、生産コスト、仕入れ価格の低減を行う方法。

必要とされる機能を最小コストで確保するために複数の代替案の中からコストの低いものを選択していくVA(価値分析)を実施する組織的な努力。


他にも色々とありますが、今回はこの辺で終わります。


リフォームに興味がある方は一度ご相談下さい。

アップサービスが親切丁寧にご対応致します。