浴室リフォーム【在来工法】と【ユニットバス・システムバス】の違い





01-AD09ADL05006
こんにちは!
愛知県岡崎市のリフォーム会社 アップサービスです。

本日は浴室のリフォームの「在来工法」と「ユニットバス・システムバス」の
違いについてご紹介しようと思います。


ではさっそく、
まずは「在来工法」から。


「在来工法」とは簡単に言うと家の中の一室を浴室に使うことをいいます。
床や壁の防水性を考慮しながら、モルタルとタイルで仕上げる方法であり、
最大の特徴は自由にスペースに合わせて作ることが出来るといった点です。

メリットとして浴槽やタイルなど自分の好きなように作ることができます。
例えばヒノキを素材とした浴槽にしたり、大理石を使ったりと、
こだわり抜いた浴室に仕上げることができます。

デメリットとしてはシステムバスと比べて防水機能が劣っている可能性があります。
その為防水処理を徹底的に行なわないと、浴室回りに水漏れが出る可能性があります。
また、施工にさまざまな業種の職人が必要となり、工期が長くなり手間もかかります。
材料費や人件費がかさむのでコスト面でどうしても高くついてしまいます。



次に「ユニットバス・システムバス」についてです。

「ユニットバス・システムバス」とは、浴室を構成する各部材(床・浴槽・壁・天井・ドア等)を
あらかじめ工場で製造し、施工現場で組み立てる浴室のことです。

「ユニットバス・システムバス」のメリットとして、防水性が高く、
防水上大切である床と壁のつなぎ目部分を一体型として造るので、水漏れの心配がほとんどありません。
隙間が少ないため保温性も高いといえるでしょう。
工場で造られた材料やパネルを現場に運び込んで組み立てる為工期が比較的短く、
在来工法と比べると安く済む場合が多いです。

デメリットとして、工場で製造して現地で組み立てるという工法ですので、
素材やデザインが決められた物の中(それでもたくさんありますが)からしか選べません。
よくあるタイプの浴室になりやすいともいえるでしょう。



今回のご紹介はこの辺で!


住まいのリフォームはアップサービスにお任せ下さい!(´∀`)