脱衣所床補修工事

8a101e73308311ede879e075b10bd8fb

73938acbeb56e5b679c4e3549ce172cb
昼間は暑くなりましたね・・・。

住宅リフォーム会社 アップサービス笠野です。

今回は脱衣所床クッションフロアー張替の案件でした。

今回も参考になることを書かせていただきます。

よくある見えない部分のお話です。

リフォームなどでよくある話なので、リフォームをされた方なら共感していただけると思います。

それは、先日お見積依頼をしていただいたお客様からのお話です。

工事が終わり、最終的に来た請求書の金額が高くて驚いた・・・!!

と言っておられました。

私自身も色々なお客様からお聞きします。

それは、見えない下地や壁の中で材料が腐食していたり、壊れていたりしていた時です。

よくある業者は見えない部分でもお客様に説明もせず、直しておきましたで終わっていると思います。

お客様からしたら見えない部分の工事でもどの様に直すか?どの様な物を使うか不安だと思います。

その様な事から、リフォームは高いとかリフォームでボッタクラレタとか言われています。

今現状その様な業者が本当に多くなってきました。

お客様の気持ちになれば、営業担当者や作業担当者はその都度お客様に一声かけるなど行動すれば

その様な悲観的に思う人は少なくなると思います。

リフォームと言うのは過ごしやすい環境を作るために行うものだと思います。

ですから、私はお客様に自分自身なった気持ちで考え提案し、見積内容もお客様に分かる様な

内容で出しています。

話が全く変わってしまいましたが、話を戻せば、1部分の床下下地の板を交換して

その上にクッションフロアーを引けるようにしました。

その様に見えない部分には気をつけてください。