リフォーム基礎知識

リフォームは坪単価で考えると失敗する!?
新築を経験した方がリフォームを坪単価で考えて失敗する理由とは!?坪単価で考えただけでリフォームを失敗する事にも繋がります。 では、どのように考えたらリフォームを成功に近づける事が出来るのかをご紹介いたします。
リフォームには予防が重要
リフォームをせずにお住まいを長く保つ為には予防が必要!?たったこれだけの事を意識して予防するだけでリフォームを頻繁にしなくても良くなる方法!
リフォームは新築より難しい!?
多くの方が間違えている常識!リフォームは新築よりも実は難しい!?
これを知らないとリフォームを失敗する可能性が高くなります。

リフォームは新築よりも実は難しい!?

リフォームは新築より難しい!?

リフォームと言うのは、
新築よりも難しいと言われています。

それは新築は0の状態から作り上げていくので、
もちろん新築は新築で難しいです。


リフォームは個々の状態に合わせる必要がある!新築より難易度が高い事も…

リフォームはやってみないと分からない

しかし、リフォームは新築と違って0の状態から作り上げていくのではなく、
今ある状態に合わせて作っていかなければいけないからなのです。

例えば、
床下や天井裏などは開けてみないとどうなっているか分かりません。
それこそそれがまだ建てて数年であれば開けなくても図面等で読み取れる事は多くありますが、
数十年と経過していた場合は、
開けてみないとどうなっているか全く見当もつきません。

外見では全然キレイな状態だったとしても、
天井裏を開けてみたら柱が白アリに食べられていた。
床下を見たら腐食して腐っていたなど、
フタを開けてみないと分からないのがリフォームなのです。

しかも、そのような状況から、
住みやすい状況にリフォームするのですから、
難易度が高いのは分かって頂けるのではないでしょうか!?

新築の場合であれば、
見積り書を作成して、その見積書から大幅に内容が変わる事はあまり無いでしょう。

しかし、リフォームの場合は、
フタを開けてみないと分からないので、
実際にフタを開けたら腐食していたりした場合は、
それらの補修工事が必要になって来る事もあります。


そうなると見積り金額と実際の請求額が変わってしまう可能性もあり得るのです。
もちろん良質な業者であれば事前にその可能性について話をしてくれたりしますが、
悪質な業者では全くそのような話も無くいきなり請求される場合もあるので、
注意が必要だったりもします。


新築が出来る業者さんだから、
リフォームも任せれると思っている方も多いようですが、
もちろん中には任せれる業者さんはいらっしゃいますが、
逆に、中には全く任せれない業者さんもいるので、
頭の中には新築よりもリフォームの方が難しいと入れておいた方が良いかもしれません。


リフォームは「予防」と言う意識が重要

リフォームには予防が重要

初めてリフォームする人は壊れたり問題が出てからリフォームをするという考え方を持っている人がいます。
しかし、実際には壊れてからリフォームするのでは遅いです。

何でもそうですが、
壊れてから直すのは難易度も上がり、
金額も高額になってしまいます。


車でも定期的にメンテナンスをしている車の寿命は長いです。
しかし、メンテナンスをせずに適当に使っていると、
車のガタが来るのがとても早くなります。

病気も予防を心がければ、
こじらす事も無く、小事で済ます事が出来ます。
しかし、ひどくしてからでは入院をしなければならないほどになったりしています。


リフォームもこれらと同じです。
ひどくなってから直そうとしては、
手遅れになってしまう場合もあります。


お財布に優しいリフォーム
リフォームは、事前のメンテナンス・予防と言う意識を持つ事が、
長く快適な生活を送る事が出来ます。


例えば、
初期の段階であればちょっとした数十万円の修繕だけで済むものも、
手遅れになってしまうと大きな工事が必要になって百万円以上必要になってしまうなんてこともザラにあります。


何事も長く使うには、
しっかりとメンテナンスをしてあげる事が大切になって来ます。


毎日住まれるご自宅であれば、
愛着を持って大切に大切にしてあげてください。


手を掛けてあげれば、
長く元気でいてくれます。

しかし、放置をしてしまえば早くダメになってしまいます。

空き家など誰も住まなくなると傷むのが早いと言われるのはそういった事なんだと思います。

快適に住まわせてもらっているという気持ちを持って、
住宅に愛情をしっかりと注いで、長く快適な生活を送れるようにするのが良いと思います。

それが結果、ご自身のお財布にも優しい住宅になります。

リフォームは新築の時のように坪単価で考えるのは止めましょう!

リフォームは坪単価で考えると失敗する!?

新築を経験している人だと、
坪単価で考えてしまう人がいます。

新築の坪単価と言うのは、
見積金額を出した上で、それを坪数で割ったものが坪単価です。

それなのでリフォームでも、
見積りを出してから坪単価を出す事は一応は可能です。

ただ、新築の場合と違って、
敷地全部をリフォームするような大規模工事でなければ、
坪単価で考えても意味が無いものになります。

坪単価で考えるとリフォ価格が高くなる!?

リフォームを失敗して頭を抱える
また、坪単価で考えてしまうと、
逆に高い金額を請求されてしまう可能性もあるのです。


例えばなのですが、
トイレのリフォームを考えた場合に、トイレを付け替えるだけで本来は数十万円にも関わらず、
他もやるからと1坪30万円と契約したりするとトイレだけで100万円以上になる計算になってしまいます。


リフォームと言うのは、
部分的にやる事が多いため、
坪単価で計算すればするほど損をする事が多いのです。


細かい事を考えるのが苦手な方は、
坪単価決めてもらった方が楽なように感じるかもしれませんが、
損をしても良いのであれば坪単価計算でも良いですが、
多くの場合、坪単価計算だと損をする事になるので注意をしましょう。

また、坪単価で計算した場合、
トイレのグレードがどのようなものが付くかはわかりません。

安い坪単価の場合は、もしかしたら一番グレードの低いものを付けられてしまうかもしれません。
逆に高い坪単価の場合は、グレードの高いものを付けられる可能性もあります。

それなのでめんどくさがらずに、
坪単価では無く、詳細な見積りを作成してもらう方が良いです。


壁紙などは坪単価や㎡単価で出して貰う事も多いです。
ここで言う坪単価が良くないというのはリフォームする部分まるごとを坪単価で出して貰うのが良くないという意味なので、
その辺りは間違えないように気を付けて下さい。

  社訓|リフォームなら愛知県岡崎市のアップサービス(西尾、蒲郡、安城、豊田、豊川、額田、三河     LINE登録|愛知県岡崎市のなんでも便利屋 アップサービス(西尾・蒲郡・豊川・豊田・安城・刈谷・額田・三河)   お問い合わせはコチラ|リフォームなら愛知県岡崎市のアップサービス(西尾、蒲郡、安城、豊田、豊川、額田、三河)  
scroll_to_top