悪質リフォーム業者・詐欺リフォーム業者はこんな事をする!?

怖い!悪質業者リフォーム業者動画



このような悪質なリフォーム業者が実際にあります。
自分の身は自分で守る事が大切です。

ただ、このような悪質な業者もありますが、
その反対に、すごくマジメに取り組んでいる会社もあります。

あなたの目でしっかりと見極めて、
良い会社と長く付き合っていかれると良いでしょう。

行き当たりばったり・・・、
値切り、金額ばかり・・・、
なんでも他人任せ・・・

そんな風になるとリフォームに失敗してしまうかもしれません。

失敗しないようにしっかりと知識を身に付けましょう。

脅しリフォーム商法

リフォームと言うのは、
多くの方が人生において何度も何度もやるものでは無いと思います。

その為、なかなかリフォームに関する知識を持っている方と言うのは多くいません。
それを良いことにそういった弱みに付け込んでくる悪質業者がいます。

「脅しリフォーム商法」。
名前の通り、脅してリフォームを勧めて来る業者がいます。


例えば、
・屋根にヒビが入っているので今すぐ修繕しないと雨漏りしますよ!
・床下に湿気が溜まっているので、床下に換気扇を付けないと土台の柱が腐ります!
・(専門の機械などで測るふりをして)家が傾きかけています。今すぐ工事しないと家が崩れてしまいます。


などなど、知識が無い事を良いことに、
相手が驚くような事を言って、リフォームをやらせようとする商法です。

そのようにいきなり言われた方は、
冷静さを失い、ついついすぐにリフォームをしてしまったりして、
気付いた後には、後の祭り状態。

しかし、その時には既にお金を支払ってしまっていて、
工事も終わっている状態だったりするとどうしようも無くなってしまっていたりします。

リフォーム業者に脅される内容を伝えられた時こそ冷静になりましょう。
良質な業者であれば、そんな風に脅すようには言いません。

何か最善の策を提案してくれるはずです。
もちろん時には本当にやばい時もあるかもしれないので、
そんな時は良質な業者でも急かす事はあるかもしれませんが、
そこまでやばい時はそれほど無いと思いますし、
本当にそんな時は、その問題となっている場所の写真や現場を見せてもらえれば、
ご自身でも「ヤバい!」のが分かるレベルだと思います。

ほとんどの場合、
そんなに早急にやばい時は無いので、
脅された時ほど冷静になる事をお勧め致します。


脅し商法は悪質リフォーム業者の常套手段でもあるので、
知識が無い方は注意をしておく必要があります。


屋根裏、床下などの見えない部分の手抜きリフォーム工事

これはテレビなどで見たり聞いたりしたことがあるかもしれませんが、
悪質リフォーム業者の常套手段です。

屋根裏や床下などは工事が終わってしまえば、
次回のリフォーム時や取り壊しまでは滅多に見る事がありません。

そうやって見えない場所に、
不要な金具を取り付けたりして、
過剰な料金を請求をして来たリします。


見えない部分なのを良いことをに好き放題やる悪質リフォーム業者がいるようです。

ひどい所では、
全く打つ必要の無いクギを大量に打ってあったり、
金具を全く意味の無い部分に取り付けてあったりします。

ここまで来ると素人でも確認すれば分かるレベルですが、
中には素人には分からないように無駄に取り付ける場合があります。


このトラブルを避ける為には、
当たり前ではありますが、以下のような対策しかありません。

・まずは打ち合わせの時点で怪しそうな業者を避ける
・工事中もなるべく随時工事している所を確認する
・工事後、最終確認を必ず行う
※随時、気になった事は業者の方に確認をすると良いです。


こんな当たり前の事でしか対策は出来ませんが、
見えない所なので、こうやって当たり前の事をやって防止するしかありません。


特に悪質な業者では、
途中まではちゃんとした工事をしているように装って、
そこまではお客さんに見せたりして、
最後の方になってお客さんが安心した所で適当にクギを打ったりする事もあるようです。

その為、一番の予防策は、
良質なリフォーム業者と長くお付き合いしていく事だと思います。

行き当たりばったりのように、
ただ価格が安いからとかで選んでしまうと、
このようなトラブルに巻き込まれる事もあり得ないとは言えません。

ご自身の身はご自身で守るようにしましょう。

いきなり訪れ、短期間で工事リフォーム終了!

これも悪質リフォーム業者にとても多いパターンです。

悪質リフォーム業者は、
いかに早く契約をして工事を完了して、
高額の金額をだまし取るか!?と言う事を考えています。

その為、早く契約して高額なお金をもらって、気付かれる前に逃げたいのです。

だから、お客さんの元に突然訪れて、
お客さんが怖がる(雨漏りしますよ!みたいな)ような事を言い、
すぐに工事に取り掛かり、高額の金額をもらいたいのです。


それなので、
訪問営業などで訪れて来たリフォーム業者の言う事を鵜呑みにするのは危険です。

こういった業者は早く契約を取りたいばかりに、
良いことばかり言って来ます。

それで契約や工事を何かと急かして来ます。
良質なリフォーム業者であればよほどの事が無い限りお客さんを急かすような事はしません。

大抵の場合、即日工事や1週間以内に工事を進めて来る事が多いようです。
悪事がばれないようにしたい訳なので、少しでも早く終わらせたいんでしょうね。

キーポイントとしては、
・突然訪れてきたリフォーム会社か?(自分が探したわけでは無い会社)
・急かすように短期間の工事を進めて来ていないか?(何かと理由を付けて来ます。)

この2点を意識して騙されないように注意をして下さい。


このような事があるので、
やはり良質なリフォーム業者選びがとても大切になって来ます。

出来ることであれば、
ご自身で最低限の知識を持って、
ご自身で良質の業者を探す事がベストだと思います。

リフォームや建築の専門用語を連発して並べてくる!

リフォームとなると知識をお持ちで無い方が多くいらっしゃると思います。

そこでいくら分かりやすく説明しようとしても、
聞いているお客さん側としては意味が分からない言葉も沢山出てきます。

それを良いことに悪質リフォーム業者は専門用語を並べたてて来ます。
専門用語を並べ立てて意味が分からなくして、
お客さんを丸め込もうとして来ます。

良質なリフォーム業者であれば、
なるべくお客さんに分かりやすいように、
分かりやすい言葉を使うようにしてくれると思います。

ただ、どれだけ分かりやすく説明をしようとしても、
どうしても専門的な部分になると専門用語は出て来てしまう事はあり得ますが、
良質な業者であればそういった所でも、
お客さんが理解していない感じだったりすればなるべく分かりやすく説明してくれるはずです。

悪質な業者に限らず、
お客さんの立場に立っていないリフォーム会社は、
専門用語ばかりを使うリフォーム業者が多いです。


お客さんの立場に立てば、
専門用語を言われても分からないのは当然なので、
少しでも分かりやすく説明してくれるはずです。

こういったお客さまの立場に立てない担当者は、
その後の提案に問題が出てくる事が多いです。

専門用語を連発して来るのは、
悪質リフォーム業者の常套手段でもありますが、
悪質リフォーム会社じゃなかったとしても、
あまり専門用語ばかり言って来るリフォーム会社は注意が必要かもしれません。

ただ、中には職人気質の方もいますので、
自然と専門用語ばかりになってしまう担当者もいるかもしれませんが、
そんな時は「それってどういった事ですか?」みたいに質問を投げかけてみると良いでしょう。

質問を投げかけて、
なるべく分かりやすいように説明をしてくれる方なら大丈夫かもしれません。

「あなたに分かるわけないでしょ!?」みたいな対応をしてきたら要注意しましょう。


リフォーム業界には職人気質の方も多いので、
自然と専門用語を並べてしまう方もいないとは言えませんが、
こうしたちょっとした言動に現れてきますので、
気になる事があればどんどん質問をしてみると良いと思います。

職人気質の方は話すのが苦手な方も多いですが、
口下手なりにも一生懸命教えてくれようとしてくれるはずです。

悪質業者の場合は、そういった事も嫌がるような反応をして来ると思います。
ちょっとした差ではありますが、実際に目の前にすれば一目瞭然とも言える位の差があると思います。

どちらにしても専門用語ばかりを並べて来る時は、
その人はどういった人か見極めた方が良いと思います。

ただ、何度も言いますが、
リフォームや建築業界はどうしても専門用語が自然と多くなってしまう部分もあるので、
あまりに連発して来る場合は別ですが、多少の専門用語は気にし過ぎないようにして下さいね。
(それをNGとすると話が進まなくなっちゃう事もあると思いますので。)


老人や女性などリフォームや建築の知識や経験の少ない人をターゲットに!

老人や女性など、
どの業種でも悪質業者のターゲットになりやすいと思います。

リフォーム業界においても同じで、
老人や女性など建築などに関する知識や経験が少ない方がターゲットになりやすいです。

老人や女性などは、
日中にご自宅で1人でいる事が多く、
そう言ったタイミングで不安を煽られて騙されてしまう事が多いようです。

これは何でも似ていると思いますが、

・一人で焦って判断しない
・誰かに相談してから決める
・すぐに契約をしない

このような当たり前の事ですが、
これらを徹底すると良いと思います。


特に注意が必要な場合が、
訪問営業の場合です。

ご自身で探したリフォーム会社であれば、
よほど大きな間違いは少ないと思いますが、
自分で探してもいないような不本意な訪問営業の場合は気を付けた方が良いです。

噂では、「過去に騙された事がある人」「高額の商品を買った事がある人」「一人でお住いの方」
などの個人情報が取引されているようです。

訪問営業者の場合、
もしかしたらそういった個人情報を購入した業者が、
最初から騙そうと訪問している事も考えられます。


老人や女性など建築やリフォームの知識や経験が少ない方は、
リフォームの訪問営業には常に注意をしておくことをお勧め致します。

リフォーム業者の中には、
ご愛顧頂いているお客さまにあいさつ周りしている会社も多いですが、
そういった良質なリフォーム業者であればあいさつ周りはしたとしても、
突然売り込んでくるような事は無いと思います。

突然売り込んでくるような悪質リフォーム業者には気を付けて下さいね。

老人などのお金が無い人にも無理なローンを勧めてくる!

働き盛りの30~50代の方に必要に応じてローン契約を勧めてくる事は問題ありません。

しかし、年金生活をしている高齢者に、
返済困難なローンを勧めて来る悪質リフォーム業者がいます。

もちろん、それがお客さまから要望で、
「なんとかして欲しい」と言われたのであれば、
それはなんとか出来る方法を考えるべきだと思いますが、
多くの場合、特に希望をしていないにも関わらず、
リフォームを強引に勧める為に無理なローン契約を勧めて来る事がほとんどです。

良くあるパターンが、

突然訪問 ⇒ 脅し商法 ⇒ 高額契約 ⇒ ローンを使えば支払えますよ!

と言うような流れが多いようです。

脅しリフォーム商法などによって冷静さを失っているタイミングで、
無理やりローン契約を勧められてしまうようです。


これらの対策法として次のようにしましょう。

・明確なリフォーム計画を立てる
・自分が支払可能な予算を立てる(この際にローンが必要か、支払えるかしっかりと考える)
・その予算範囲内でリフォームを行う


無理なローンを組んでまで、
焦ってリフォームをしても何も良いことはありません。

リフォームはあなたの未来を明るくするものです。
その明るくするはずのリフォームが、
無理なローンを組んだ事によって暗い未来になっては意味がありません。


必要なリフォームローンは有効活用すると良いですが、
あなたが組もうとしているローンが本当に必要なものかをしっかりと考えて、
リフォームの計画をしましょう。

突然訪れて来たリフォーム会社などに、
言われるがままにローンを組むなどは危険ですので、
注意をしましょう。



次から次へと場所が変わった提案をしてくる!

悪質なリフォーム業者は、次から次へと変わった場所を提案してくる事があるようです。

もちろんそれが本当に必要な場所であれば良いのですが、
悪質なリフォーム業者の場合はそれとは別なのです。

ただ、自分たちの事を信用してくれて、
騙せるタイミングで「取れるだけむしり取れ」と言う感じなのでしょう。


例えば、最初は屋根が台風で飛ぶ可能性がある!というような脅し商法をして、
リフォームを進めて来たりします。

そして、そのリフォームが終わったと思ったら、
次に柱の老朽化が進んでいると次のリフォームの提案をしてくる。

そして、次には・・・。

と言うように数珠つなぎのように次から次へとリフォームを勧めて来ます。


もちろんこれが必要性が本当にあったり、
お客さんの要望するものであればそれはリフォームした方が良いことは間違いありません。

しかし、悪質リフォーム業者の場合は、

・不安を煽る
・急がせる
・次から次へと問題点を出して来る

などのようにお客さんを不安にさせて、
次から次へとリフォームを進めていく事が多いのです。


ただ、注意が必要なのは老朽化した建物であれば、
悪質なリフォーム業者で無くても、
次から次へと提案して来る事が無いとは言えません。


そのような場合でも、
基本的には次から次へと言う感じよりも、
良質な業者であれば最初から問題点を指摘してくれると思います。
(お客さんが確認させてくれない場合などもあるのでそういった場合は後から順次と言う形になってしまいますが。)


まとめると、
悪質リフォーム業者によくあるのは、

・不安を煽る
・問題点を次から次へと出して来て、次から次へとリフォームを進めて来る


良質なリフォーム会社であれば、

・お客さんが不安にならないように丁寧に説明をしてくれる
・次から次へと言うよりも、最初に問題点があれば指摘をしてくれたりする
※ただ、リフォームは確認出来ないと指摘出来ないこともあるので絶対とは言えないと思います。


どちらにしても、
後から後から、どんどん新しいリフォームを提案される場合は注意が必要かもしれません。

もちろん、お客さんの予算に合うようにリフォーム会社が考えて提案してくれる場合もあるので、
全ての場合が注意が必要という訳ではありませんが、
そう言った事も少し頭に入れておく良いと思います。



次々と違うリフォーム業者が訪れて来る

まずは、A社が突然の訪問営業で、
「営業は一切しないので」と無料リフォーム診断に来る。
そうするとお客さんは「営業されないのなら…」と無料診断をお願いしてしまいます。
ここでA社は言っていた通り無料診断のみで終わり帰ります。
(ここではA社に無料診断で「床下が腐っている」と言われたとします。)

そうすると、お客さんはA社に対しては、
無料で診断をしてくれて、悪い所を教えてくれて、本当に営業もして来なかった・・・
とA社の事を信用してしまいます。

しかし、数週間後、
B社と言うリフォーム業者が来て、
「無料でリフォーム診断します」とか「床下の無料チェックをしています」などのような訪問営業が来ます。

するとA社に「床下が腐っている」と言われた消費者は、
床下の事が気になっているので、B社に対する敷居が低くなっている為、
B社をすんなり受け入れてしまいやすくなります。

そこでB社が、「この床下はかなり腐っていて危ないですよ!」と言うな事を言って来て、
「今すぐ工事しないと大変な事になります!」と脅し営業を掛けて来ます。

こうなるとA社の事を信頼している消費者が、
違うB社にも同じ事を言われ、冷静さを失ってしまい、
ついついB社に工事をお願いしてしまうというような事が起こってしまいます。

次々と違うリフォーム会社が訪れたら、
注意をした方が良いです。

あなたが悪質リフォーム会社に狙われている可能性があります。
変わるがわる違う会社が訪れた時には注意をして下さい。

定価や初回の見積額の半値などを謳う

キッチン・トイレなどの商材は定価が決まっているものもありますが、
リフォーム工事などは定価など無いものが多くあります。

このように定価が決まっているような商品であれば、
モノによっては半値にする事は可能なものもあります。

しかし、工事などは定価が無い為、
悪質業者が勝手に決めた高額な定価を、
お客さんに対して、「激安特価」で半値に見せるような販売方法があります。


例えば、

「トイレ工事作業工賃」として通常40万円を50%OFFの20万円にします!

みたいな営業をしてくる場合があります。

こうするとすごくお得で親切なように見えるのですが、
実はこの元々の定価自体が相場より大幅に高くて、
50%OFFした後でも通常より高かったりする事もあります。

それに人が作業するような作業代などは、
安くすればするほどトラブルに繋がりやすい部分です。

もしこのような業者がいれば、
よほど作業員への工賃を叩いて安くしているか、
作業員の人数を大幅に減らしているなどの問題があるはずです。

こうやってみると、
「企業努力して素晴らしいな!」と見えてしまうかもしれませんが、
企業努力で出来る範囲と出来ないものが確実にあります。

もちろん出来る範囲であれば、
優良リフォーム会社であれば、最初からそのような見積りや提案をしてきます。

しかし、悪質な業者は、
最初からそのような提案をせずに、後でそういった提案をしてきます。
もし、最初に提示した金額で契約が出来ればラッキーだからです。


企業努力で現場のコストを下げる事を優良リフォーム会社でもしますが、

無理のあるコストダウンは、
一時的には安くて得をしたように感じるかもしれませんが、
後で痛い思いをするのはお客さんです。

リフォームは工事が進んでからトラブルが起こってしまっては、
もうあとの祭りなのです。

その家に住み続けるのはお客さんなのです。

トラブルが起こってからクレームを出して直して貰えばいいや!と言う方もいるかもしれませんが、
もちろんそれで本当に良いのであれば良いですが、
後では取り返しのつかないリフォームトラブルも沢山あるのです。

どうしても価格ばかりに目が行ってしまう方も多いですが、
価格にばかりに目が行くと、
逆にリフォームを失敗している方も多いのです。

安い買い物では無いのでお気持ちはすごく分かりますが、
人生に何度もあるわけでは無いので、
必要なものには必要かつ適正な価格を支払う事をお勧め致します。

こうやって書くと、
「リフォーム会社だからそうやって書くんでしょ!」って思われるかもしれませんが、
もちろん安くて問題無いリフォームであればそれに越した事はないと思います。

しかし、安いには安いなりの理由があったりする事が多いのです。

リフォームはその後の長い年月に影響を与えるものなので、
ただ安いからと言って飛びつくような事は止めた方が得策だと思います。


そういったお客さんの心理を利用して、
定価や初回の見積額から半値の金額を謳う悪質リフォーム会社もあるので、
あまりに大幅な値引きがある場合は注意をして下さいね。
(建材や商材などの大量生産が出来るようなものは大幅な値引きがあっても問題無いものもあります。)



リフォーム詐欺業者実例

「ピンポーン」
「はーーーい。どちらさまですか?」
「この辺りで床下の無料点検を行っております●●会社の○○です。」
「あの別に困っていないので結構です。」
「この辺りは以前、沼地でして、地盤沈下などが起こっている所が多いんですよ。」 ←※不安を煽るような内容
「えーー、そうなんですか?うちは大丈夫なんですかね?」
「現在、△△市の要請で無料診断を行っているんです。」 ←恐らく、実際には市などから要請されていない
「△△市の要請だったんですね。ではお願い致します。」

実際にこのようなリフォームトラブルはテレビなどでも耳にします。

ここで無料診断まで入ってしまうと、
悪質リフォーム業者の思うがままです。


「奥さん!!!大変です!!!これ見て下さい!」
(偽物の検査器具を出して、)
「この数字を見て下さい。この数字は危険です。今すぐに工事に取り掛からないと家が傾いてしまいます。」
「え?そんなに危険なんですか?おいくらですか?」
「かなり危険です。本来であれば300万円掛かりますが、
かなり危険な状態で今すぐに工事をしないといけないので、特別に半額の150万円にしておきます。」 ←※意味不明な値引き
「では、すぐにお願い出来ますか?」
「今、すごい忙しいんですけど、奥さんの為に特別に時間を作って明日から作業しますね」 ←※良い人に見える。
「いいんですか?では、お願い致します。」


こうやって冷静に見ると、
怪しい点やおかしい点がいくつかあるんですが、
冷静さを失ってしまうとこんな怪しい点も気が付かなくなってしまう事が多いようです。


後日、
「奥さん工事終わりましたよ。これ見て下さい。(前の検査器具を見せながら)数値が正常になりました。良かったですね。」 ←※元々、正常な可能性も。
「よかったです。本当にありがとうございます。」
「それでね奥さん、床下を工事している時に念の為、柱も検査させてもらったんですが・・・」
「何か問題でもあったんですか?」
「いやね、言いにくいんですけど、既に床下から柱にまで影響が出てしまっていて・・・」
「え・・・。どうしたらいいんでしょうか?」
「家全体の柱を補強した方がいいと思うんです。床下工事もやらせてもらったんで、柱工事もうちにお願いしてくれたらお安くやりますよ。」
「え?本当ですか?」
「家中の柱なので本当はかなり高額なんですけど、床下とセットと言う事で柱工事200万円でやりますよ。」 ←元々、そんなに高額じゃない可能性も。
「200万円ですか。。。」
「本当なら500万円以上しますよ。今のままだとかなり危ないですよ。特別に180万円にしますよ。」 ←突然の値引き
「ならしょうがないですね。お願い致します。」



と言うような流れで次から次へと必要の無い工事を進めて来たリします。

注意ポイントとしては、

・突然の訪問
・不安を煽る
・すぐに工事を進めてくる
・根拠の無い金額提示や値引き

です。

これらの条件にいくつか当てはまる場合には注意が必要だと思って下さい。


悪質なリフォーム業者も、
ずっと同じ手口で来るのではなく、
あの手この手を使って来ます。

それなのでまた新しい手口が出てくるかもしれません。
そういった業者に騙されないようにする為には、
心から信頼を置けるリフォーム会社を見つける事が重要だと思います。

騙されないよう注意をして下さいね。

  社訓|リフォームなら愛知県岡崎市のアップサービス(西尾、蒲郡、安城、豊田、豊川、額田、三河     LINE登録|愛知県岡崎市のなんでも便利屋 アップサービス(西尾・蒲郡・豊川・豊田・安城・刈谷・額田・三河)   お問い合わせはコチラ|リフォームなら愛知県岡崎市のアップサービス(西尾、蒲郡、安城、豊田、豊川、額田、三河)  
scroll_to_top