リフォームや建築の専門用語を連発して並べてくる!

リフォームとなると知識をお持ちで無い方が多くいらっしゃると思います。

そこでいくら分かりやすく説明しようとしても、
聞いているお客さん側としては意味が分からない言葉も沢山出てきます。

それを良いことに悪質リフォーム業者は専門用語を並べたてて来ます。
専門用語を並べ立てて意味が分からなくして、
お客さんを丸め込もうとして来ます。

良質なリフォーム業者であれば、
なるべくお客さんに分かりやすいように、
分かりやすい言葉を使うようにしてくれると思います。

ただ、どれだけ分かりやすく説明をしようとしても、
どうしても専門的な部分になると専門用語は出て来てしまう事はあり得ますが、
良質な業者であればそういった所でも、
お客さんが理解していない感じだったりすればなるべく分かりやすく説明してくれるはずです。

悪質な業者に限らず、
お客さんの立場に立っていないリフォーム会社は、
専門用語ばかりを使うリフォーム業者が多いです。


お客さんの立場に立てば、
専門用語を言われても分からないのは当然なので、
少しでも分かりやすく説明してくれるはずです。

こういったお客さまの立場に立てない担当者は、
その後の提案に問題が出てくる事が多いです。

専門用語を連発して来るのは、
悪質リフォーム業者の常套手段でもありますが、
悪質リフォーム会社じゃなかったとしても、
あまり専門用語ばかり言って来るリフォーム会社は注意が必要かもしれません。

ただ、中には職人気質の方もいますので、
自然と専門用語ばかりになってしまう担当者もいるかもしれませんが、
そんな時は「それってどういった事ですか?」みたいに質問を投げかけてみると良いでしょう。

質問を投げかけて、
なるべく分かりやすいように説明をしてくれる方なら大丈夫かもしれません。

「あなたに分かるわけないでしょ!?」みたいな対応をしてきたら要注意しましょう。


リフォーム業界には職人気質の方も多いので、
自然と専門用語を並べてしまう方もいないとは言えませんが、
こうしたちょっとした言動に現れてきますので、
気になる事があればどんどん質問をしてみると良いと思います。

職人気質の方は話すのが苦手な方も多いですが、
口下手なりにも一生懸命教えてくれようとしてくれるはずです。

悪質業者の場合は、そういった事も嫌がるような反応をして来ると思います。
ちょっとした差ではありますが、実際に目の前にすれば一目瞭然とも言える位の差があると思います。

どちらにしても専門用語ばかりを並べて来る時は、
その人はどういった人か見極めた方が良いと思います。

ただ、何度も言いますが、
リフォームや建築業界はどうしても専門用語が自然と多くなってしまう部分もあるので、
あまりに連発して来る場合は別ですが、多少の専門用語は気にし過ぎないようにして下さいね。
(それをNGとすると話が進まなくなっちゃう事もあると思いますので。)