次から次へと場所が変わった提案をしてくる!

悪質なリフォーム業者は、次から次へと変わった場所を提案してくる事があるようです。

もちろんそれが本当に必要な場所であれば良いのですが、
悪質なリフォーム業者の場合はそれとは別なのです。

ただ、自分たちの事を信用してくれて、
騙せるタイミングで「取れるだけむしり取れ」と言う感じなのでしょう。


例えば、最初は屋根が台風で飛ぶ可能性がある!というような脅し商法をして、
リフォームを進めて来たりします。

そして、そのリフォームが終わったと思ったら、
次に柱の老朽化が進んでいると次のリフォームの提案をしてくる。

そして、次には・・・。

と言うように数珠つなぎのように次から次へとリフォームを勧めて来ます。


もちろんこれが必要性が本当にあったり、
お客さんの要望するものであればそれはリフォームした方が良いことは間違いありません。

しかし、悪質リフォーム業者の場合は、

・不安を煽る
・急がせる
・次から次へと問題点を出して来る

などのようにお客さんを不安にさせて、
次から次へとリフォームを進めていく事が多いのです。


ただ、注意が必要なのは老朽化した建物であれば、
悪質なリフォーム業者で無くても、
次から次へと提案して来る事が無いとは言えません。


そのような場合でも、
基本的には次から次へと言う感じよりも、
良質な業者であれば最初から問題点を指摘してくれると思います。
(お客さんが確認させてくれない場合などもあるのでそういった場合は後から順次と言う形になってしまいますが。)


まとめると、
悪質リフォーム業者によくあるのは、

・不安を煽る
・問題点を次から次へと出して来て、次から次へとリフォームを進めて来る


良質なリフォーム会社であれば、

・お客さんが不安にならないように丁寧に説明をしてくれる
・次から次へと言うよりも、最初に問題点があれば指摘をしてくれたりする
※ただ、リフォームは確認出来ないと指摘出来ないこともあるので絶対とは言えないと思います。


どちらにしても、
後から後から、どんどん新しいリフォームを提案される場合は注意が必要かもしれません。

もちろん、お客さんの予算に合うようにリフォーム会社が考えて提案してくれる場合もあるので、
全ての場合が注意が必要という訳ではありませんが、
そう言った事も少し頭に入れておく良いと思います。