「ピンポーン」
「はーーーい。どちらさまですか?」
「この辺りで床下の無料点検を行っております●●会社の○○です。」
「あの別に困っていないので結構です。」
「この辺りは以前、沼地でして、地盤沈下などが起こっている所が多いんですよ。」 ←※不安を煽るような内容
「えーー、そうなんですか?うちは大丈夫なんですかね?」
「現在、△△市の要請で無料診断を行っているんです。」 ←恐らく、実際には市などから要請されていない
「△△市の要請だったんですね。ではお願い致します。」

実際にこのようなリフォームトラブルはテレビなどでも耳にします。

ここで無料診断まで入ってしまうと、
悪質リフォーム業者の思うがままです。


「奥さん!!!大変です!!!これ見て下さい!」
(偽物の検査器具を出して、)
「この数字を見て下さい。この数字は危険です。今すぐに工事に取り掛からないと家が傾いてしまいます。」
「え?そんなに危険なんですか?おいくらですか?」
「かなり危険です。本来であれば300万円掛かりますが、
かなり危険な状態で今すぐに工事をしないといけないので、特別に半額の150万円にしておきます。」 ←※意味不明な値引き
「では、すぐにお願い出来ますか?」
「今、すごい忙しいんですけど、奥さんの為に特別に時間を作って明日から作業しますね」 ←※良い人に見える。
「いいんですか?では、お願い致します。」


こうやって冷静に見ると、
怪しい点やおかしい点がいくつかあるんですが、
冷静さを失ってしまうとこんな怪しい点も気が付かなくなってしまう事が多いようです。


後日、
「奥さん工事終わりましたよ。これ見て下さい。(前の検査器具を見せながら)数値が正常になりました。良かったですね。」 ←※元々、正常な可能性も。
「よかったです。本当にありがとうございます。」
「それでね奥さん、床下を工事している時に念の為、柱も検査させてもらったんですが・・・」
「何か問題でもあったんですか?」
「いやね、言いにくいんですけど、既に床下から柱にまで影響が出てしまっていて・・・」
「え・・・。どうしたらいいんでしょうか?」
「家全体の柱を補強した方がいいと思うんです。床下工事もやらせてもらったんで、柱工事もうちにお願いしてくれたらお安くやりますよ。」
「え?本当ですか?」
「家中の柱なので本当はかなり高額なんですけど、床下とセットと言う事で柱工事200万円でやりますよ。」 ←元々、そんなに高額じゃない可能性も。
「200万円ですか。。。」
「本当なら500万円以上しますよ。今のままだとかなり危ないですよ。特別に180万円にしますよ。」 ←突然の値引き
「ならしょうがないですね。お願い致します。」



と言うような流れで次から次へと必要の無い工事を進めて来たリします。

注意ポイントとしては、

・突然の訪問
・不安を煽る
・すぐに工事を進めてくる
・根拠の無い金額提示や値引き

です。

これらの条件にいくつか当てはまる場合には注意が必要だと思って下さい。


悪質なリフォーム業者も、
ずっと同じ手口で来るのではなく、
あの手この手を使って来ます。

それなのでまた新しい手口が出てくるかもしれません。
そういった業者に騙されないようにする為には、
心から信頼を置けるリフォーム会社を見つける事が重要だと思います。

騙されないよう注意をして下さいね。