図面や平面図がある場合は必ず用意しましょう。

築何十年と経過した住宅だと図面や平面図が無くなってしまっている場合もあるかもしれませんが、
図面や平面図をお持ちの場合は必ず用意しましょう。

もしなくなってしまっている場合でも、
施工業者や購入した不動産屋さんに確認をすると持っている場合もあるので、
一度確認をしてみると良いかもしれません。

図面や平面図があった場合には、
出来る事であれば、
コピーをしてリフォーム業者に渡して置くと良いでしょう。

そうする事によって、
寸法が割り出しやすくなったり、
間取りなどが分かりやすくなるために、
精度の高い見積書が出来上がって来る可能性が高くなります。

図面を見る事で、
窓の位置、寸法、柱や壁の位置、扉の開き方など沢山の事を把握出来ます。

いくらリフォーム会社が現場確認をして写真などを撮っていったとしても、
記憶だけでは忘れてしまったり、見落としてしまう事も無いとは言えません。

しかし、図面や平面図があれば、
そう言った所の再確認が出来たりするので、
精度が高くなる可能性があります。