高級なものや金目のものは必ずしまっておきましょう。

高級な絵画や骨董品などは事前にしまっておいて下さい。
もちろん高級じゃないものでも万が一何かあった時のようにしまっておいた方が良いです。

これは職人さんに対する配慮をしてあげた方が良いでしょう。
そのまま置いておいて壊れた、汚れたとなってはお互いに気持ちの良いものではありません。

また、工事中は様々な業者が出入りする為に、
金目のものは万が一に備えてしまっておいて下さい。

そんな事は無いと思いますが、
もし業者に紛れて不審者が侵入をして、
金目のものを持っていかれてしまえば、
業者さんも余計な罪をかぶせられてしまいますし、
お客さんも損をする事になります。


高級なものや金目のものは、
そのまま置いたままにして職人さんに「移動しておいてください」と言うのは、
職人さんも良い顔をしません。
万が一、落としたりぶつけてしまったら職人さんの責任になってしまいますから。

その他の、ちょっとした荷物等であれば、
職人さんにお願いをしたりするのも良いかもしれませんが、
高級なもの、金目のもの、割れ物、壊れやすいものなどは、
お客さまご自身が責任を持って移動してあげる方が、
お互いにとって良い関係を維持しやすいのでは無いかと思います。