お客さま自身も責任と自覚を持ちましょう!

多くのお客さんがリフォームとなると、
知識などがあまり無く、全てリフォーム任せだったりします。

もちろん当社もリフォーム会社としては、
そうやって信用してもらえる事はとてもありがたい事です。

しかし、責任と自覚を持つ必要があると思います。


例えば、最初のリフォーム会社選び、担当者選びに関しては、
責任を放棄して適当に選んではいけない気がする。

また、どのようなリフォームをやりたいのか…と言うのも、
しっかりと考えなければいけない。


これらを放棄するお客さんが多いのが事実ではあります。
「なんとなく良さそうだったから。」
「安かったから」
「とりあえずこの部屋をキレイにして欲しい」
「何でも良いからトイレを付け替えておいて欲しい」

これらはお客さんの責任と自覚の放棄とも言える。

このように責任を放置してしまうと、
予想外の事が起き、良質なリフォーム会社だったとしても、
トラブルのきっかけになり兼ねない。

例えば、「なんでも良いからトイレを付け変えて欲しい」と言っていたにも関わらず、
いざ言われたようにトイレを付け替えたら、「イメージと違った」となりかねないのです。


だから、お客さん自身も、
最低限の知識を身に付けて、責任と自覚を持つ必要があると思う。

騙すリフォーム業者が一番悪いことは当然だが、
責任と自覚を放棄してしまうと騙された方にも問題は出て来てしまう気がします。


そのようなことにはなって欲しくないので、
リフォーム業者に任せる所は任せる。
しかし、お客さん自身がしっかりと考えたり選ぶところは選ばないと、
リフォームを成功させる事は難しいと言える。