リフォーム会社は「住宅のお医者さん」と考えてみよう。

リフォーム会社と言うのは、
住宅のお医者さんのようなものです。

正直な所、優良なリフォーム会社さんを見つけたら、
長く付き合っていく事をお勧め致します。

病院のお医者さんでも、
初めて診てもらったお医者さんよりも、
長年見てもらっているお医者さんの方が、
過去の病歴を詳しく知っていたりと安心できると思います。

リフォームも全く同じで、
床下や柱などは開けてみないと分からない点がたくさんあります。
長く付き合っていけばそういった点を考慮したリフォームを提案してくれる事が出来ます。

病院のお医者さんと一緒で、
最初に良質なリフォーム会社を見つける事が大変ですが、
一度、見つけたらそのリフォーム会社さんと長くお付き合いしていく事が良いでしょう。


また、病院のお医者さんでもそうですが、
診察に行ったら話もまともに聞いてくれずに薬だけ出すお医者さんってありますよね?

リフォーム会社でも同じで、
話もまもとに聞かずに、
お客さんがトイレを変えたと言ったからただ単にトイレを付け替えればいいや!と考えているリフォーム会社も多いのです。

病院のお医者さんでもそうですが、
薬を出してもらう事が大切では無く、
診察や検査が一番重要だと思います。

リフォームも同じで、
トイレを付け替えるとしても、
その前にどんな事に困って悩んでいるのかしっかりと診察をして、
その上で、今のトイレや配管、周りの床や柱などがどんな状況なのか検査をする事が重要です。

この診察や検査の部分がいい加減だと、
どんな良い薬を処方したとしても意味の無いものになったりもしてしまうのです。

どんな事でもそうですが、
「準備」が一番大切なのです。

「結果」ばかりを求めてしまう消費者が多いのが現実ですが、
「準備」を怠れば、悲惨な結果を招きます。

リフォーム会社は、住宅のお医者さんと一緒なので、
良いリフォーム会社を見つけ、長くお付き合いをして、
あなたのご自宅の事をしっかりと理解してもらって見守ってもらうと良いと思います。