必ず生活導線を考えた配置を心がけよう

リフォームする時、
ついついあれもこれもやりたいとなって、
どんどん色々なものを追加していってしまう方が多いです。

もちろんやりたい事を実現するのがリフォームなので良いと思いますが、
生活導線を無視した設計をしてしまうと、
せっかくのリフォームも台無しになってしまいます。
(生活導線とは、生活する上での行動の流れのようなものです。)

例えば、キッチンの水洗い場が左手にある場合、
その左手側の近くに食器乾燥機などがあると良いのですが、
その水洗い場から一番遠くに食洗器を配置してしまったり、

玄関から丸見えの所にトイレがあったり、
そういった生活導線を無視した設計は、
あとあとかなり住みづらい環境が出来上がってしまいます。

家族が生活する上で、
皆が使いやすい生活導線を考えると良いでしょう。

これはご家族によって考え方が変わります。
例えばなのですが、個々の個別空間が欲しいというご家族であれば、
しっかりと個々のお部屋が区切られているのが良いですが、
家族団らんでいつどこにいても家族の声が聞こえるような環境が良いという事であれば、
天井空間を上手に活用したりするなどした方が良いです。

居間を通ってからじゃないと二階にいけないご自宅などもあります。
これを良いと考える家族もありますし、
これは子供たちが友達を気軽に連れて来れないから嫌と言う家族もあります。

住まれる方によって、
希望する生活導線と言うのは違いますが、
ご家族でそういった事を話して、設計をする事をお勧め致します。

変な位置にトイレがあったり、
変な位置に階段があったり、
開けれないような場所に窓を設置しまったりなど、
タオル掛けが使いづらい位置にあったり、
リフォームの失敗例でよくあるのです。

それは事前に生活導線や、
モノの配置などを考えなかった事によって起こる失敗です。

そういった事を意識してリフォームを考えてみましょう。