担当者の面接しましょう!

リフォームにはコミュニケーションが必要です。

例えば、
・お見合いや恋愛
・学校に入学する際
・就職する際

などは、面接(面談)が必ずあります。

リフォームにもそう言ったタイミングがあっても良いと思います。
少しでも良い人を見つける為には面接をして見極めて選ぶ必要があると思います。

面接と言うと仰々しくなってしまいますが、
現場確認や見積もり時に担当者とお会いした時に、
「今後、良質なコミュニケーションを取り続けられる人なのか」
と言うのを確認してみてください。

中には、
話すのは上手くないけど、
一生懸命なスタッフもいます。

新人だけど、
お客さんに満足してもらおうと一生懸命なスタッフもいます。


女性だからこそ、
女性の視点からのリフォームを提案出来る担当者もいます。


これだけ数多くのリフォーム会社があるので、
あなたにあった担当者が必ず見つかるはずです。

あなたにあった担当者を面接するつもりで見極めて下さい。


もちろん全てあなたの希望する担当者がいるとは限りませんが、
コミュニケーションを取りやすいスタッフを探すのがリフォームを成功させる近道だと思います。

単なる良い人を選ぶのではなく、
あなたの為により良い提案を考えてくれているか?と言う視点で探されると良いと思います。

担当者の中には、自分が成績を上げたいばかりに、
お客さんに対して、ただ単にゴマを擦るような担当者もいます。

そう言った担当者はいざという時に頼りになりません。

私が思うのは、時には厳しい現実もしっかりと伝えてくれて、
お客さんに寄り添った提案をしてくれる方が、
最高の担当者では無いかなと思います。

なかなかそういった担当者を見つける事は簡単ではありませんが、
リフォームを成功させる為にもそういったスタッフを探されると良いのではないかなと思います。

信じる事が出来そうな担当者を見つけたら、
全てを鵜呑みにするのは良くないと思いますが、
基本的には信じてあげると良いと思います。

リフォームは金額があって無いような業種なので、
どうしても疑いたくなるような事も出て来てしまうかもしれませんが、
あなたが疑えば疑うほど、担当者も人間ですから、
関係がギクシャクして来てトラブルにもとになってしまいます。

もちろん本当に怪しそうな時は疑うべきですが、
あなたが真剣に厳選して選んだ担当者であれば、
そのような怪しい担当者は少ないのではないかと思います。
(担当者選びをいい加減にやった場合は別ですが。)

一度、疑い出せばキリがありません。
お互いの距離は離れていくばかりで、
トラブルでは無いものも因縁を付ける事になってしまい、
トラブルの原因になったりもしかねません。


私としては、
選ぶまではかなり厳しい目で担当者を選ぶ。
ここを適当にするとついつい疑いたくなるはずです。

ですが、自分が真剣に選んだ担当者であれば、
その担当者を信じて一緒にリフォームを作り上げていくというのが、
理想の関係ではないかと思います。

担当者選びはリフォームにおけるパートナー選びのようなものです。
そのパートナーを真剣に選び、選んだからには信用する!


失敗する人が良くやるパターンは、
担当者選びを適当にして、
選んでからいきなり厳しい目に、
あれやこれやと注文を付ける!

あなた自信が逆の立場になれば分かると思いますが、
このような状況では担当者も良い提案が出来なくなってしまいます。

結婚相手を選ぶ位のつもりで、
まずは厳しい目で選んで、選んだからには信じて良いパートナーシップを結んで、
より良い家作りをされると良いのではないかと思います。


実際に失敗例として、
担当者が決まり、何度も打ち合わせをして、
いざ施工!となったにも関わらず、
お客さんが心配になり、担当者にあれやこれや言いだしてしまうパターンです。

せっかく決まって準備をしていたにも関わらず、
突然、そうやって変わってしまうと、
担当者としては「また、提案しても変えられてしまうかもしれない」と委縮をしていってしまう可能性があるのです。

もちろん、本当に必要な時は、そういった事も必要ではありますが、
多くの場合、なんとなく不安だからとか、もっと安く出来るのでは無いかと、
かき回すだけかき回してしまうお客さんがいるようです。

このような場合は、
いくら担当者が良い提案をしても、
リフォームが失敗に繋がりかねません。

何度も言いますが、
担当者を決めるまでは厳しい目で見て下さい。
しかし、あなたのメガネにかなったのであれば、
その担当者を信じてあげる事こそがリフォームを成功させる近道です。
(もちろん本当に怪しい時は鵜呑みにせずに疑ってくださいね。)


お客さんはお客さんと言う立場ではありますが、
ご自身で真剣に考え、真剣にリフォーム会社や担当者を選び、
ご自身でも責任を持ってリフォームをするという自覚を持たれると、
リフォームを大成功させる事が出来ると思います。