リフォームの優先順位を考えよう

予算が限りなくあり、ありあまるお金の中からリフォームをするという方は、
あまりいないと思います。

多くの方が、限られた予算の中でリフォームを考えられると思います。

そのように限られた予算の中でリフォームする時には、
必ず優先順位を考えてリフォームをしましょう。

あれもやりたい!これもやりたい!では、
予算オーバーになったり、失敗の元になります。

一度に大改装リフォームをするのももちろん有りですが、
部分的に分けて改装する事も検討してみましょう。

まずはリフォームしたい部分を全て書き出してみましょう。
書き出したら、以下に分けて考えてみましょう。

1、緊急あり、かつリフォームの必要性を感じる
2、緊急では無いが、リフォームの必要性を感じる
3、緊急だが、それほどリフォームの必要性をあまり感じ無い
4、緊急でもなく、リフォームの必要性をあまり感じ無い


まず4は除外をしましょう。
1と3は緊急性があるので、必要なものか必要では無いかを見極めましょう。
2については贅沢品だったり、一時的な感情に流されているものの場合もあるので冷静に必要なものかを考えてみましょう。

それらを考えた上で、予算と相談して、
優先順位を付けてリフォームをしていきましょう。

リフォームは大きなお金を使います。
闇雲に欲求に任せてリフォームをしてしまえば気持ちは満たされるかもしれませんが、
その後にお金が現実問題となってやってきます。

予算を考えて、リフォームの優先順位を考えて、
最適なリフォームをする事を心がけましょう。