リフォーム後のイメージを具体的に考えよう

リフォーム後のイメージは決まっている!?

リフォームをする事が目的だと失敗します!

リフォームを考えている方の多くが、
リフォームをする事が目的になってしまっています。

しかし、本来はリフォームをする事が目的ではなく、
リフォームした後にいかに快適な生活を送っていけるのかと言うのが重要
です。

リフォーム後のイメージをしっかりと考えておかないと、
ついついリフォームをする事が目的になってしまいます。



リフォームイメージが明確だと低コストに抑える事が出来る!?


リフォーム営業マン
リフォーム後のイメージが出来ていないと、
悪質な担当者に乗せられてしまいやすくなります。

リフォーム後のイメージが明確な場合は、

そのイメージに必要のない不要なリフォームはきっぱりと断る事が出来ます。

しかし、そのようなイメージが出来上がっていないと、
担当者に、「このキッチンはこのような所が優れていて数万円高くなりますがこちらの方がお勧めです。」
などと言われてしまうとすぐに飛びついてしまったりします。

その機能が、あなたがイメージするものであればそういった提案を受け入れるのは良いと思いますが、
イメージするするもので無ければ単なる不要な機能になり兼ねません。

リフォームによって、
あなたがどのような生活を今後送っていきたいのか。
それをしっかりと考える事が重要なのです。


それこそ、担当者に言われるがままにリフォームしたら、
自分のイメージと全く違ったリフォームになってしまったと言うような事も良くあるそうです。

しっかりと自分がどうなりたいのかを明確にして、
そのなりたいイメージ通りになるようにリフォームの計画を立てていきましょう。


悪質な担当者は営業成績を上げたいばかりに、
様々なプランを提案してきます

もちろん高額になれば高額になるほど機能などが充実するのは当然です。
それなので一時的に魅力的に見えたりしてしまいます。

しかし、それが本当に自分にとって必要なのかを見極める為にも、
自分が立てたリフォームのイメージが重要になって来るのです。