価格だけで考えるとこうなる事も…

不況の時代が長く続き、
価格競争が熾烈になり、
「安いものが良い」と考える方が多い現代です。

しかし、リフォームに関しては、
その点については注意をした方が良い。

例えば、
・100万円で外壁塗装をしたが10年良い状態を維持し続けた
・80万円で安く外壁塗装を出来たが、1~2年後にはボロボロ剥がれだし、5年後には再度やり直しが必要だった。


このような事はザラにある。

と言うのも、安くなれば安くなるだけの理由がある。
安い塗料を使ったり、ヘタクソな施工業者だったり、新人さんが塗ったりなどなど。


安いには安い理由がある。
高いには高い理由がある。

適正価格が見抜きづらいリフォーム業界では、
判断が難しいというのが正直な所ではあるが、
一点注意して欲しいのは、価格だけで考えないようにした方が良いことだ。

価格だけで考えれば考えるほど、
リフォームでは失敗する事が多いように思う。

値切れば値切るほど、
その値切られた範囲内で作業をしなければいけない。

そうなると、モノの質を下げるか、人の質を下げるか、スピードアップするか。
何かに負担が掛かって来る。

私が思うのは、値切る位であれば、
作業範囲を減らした方が良いように思う。

例えば、あれもやりたいこれもやりたい!とリフォームをする箇所が多くなったとしましょう。
・予算オーバーをしたので、値切り倒して予算内にする。
・予算オーバーをしたから、このリフォームはすぐに必要じゃないからこれはやめておこう。

このような場合、後者の方を選択した方が良いと思う。

失敗する人は前者のような考え方をする方です。

予算をしっかりと決めて、
予算内で出来るリフォームを選択する事をお勧めします。

予算をオーバーしたら、
値切り倒すのではなく、
必要なリフォームと不要なリフォームを冷静に考えて、
不要なものを減らしたり、ランクを落とすなど考えてみましょう。
(ただ、注意が必要なのは減らしたりランクを落として良いものと、落としてはダメなものがあるので注意しましょう。)


どんなことでもそうですが、
価格が叩かれれば叩かれるほど、
やれる事に制限が出てきます。

そのように制限が掛かっていい加減な作業をされる位であれば、
予算の範囲内でやれる事をやった方が絶対に良いです。


悪質な業者に多いですが、
お客さんの予算状況を無視した提案ばかりしてくるリフォーム業者には注意をした方が必要です。
(お客さんが最初から無理のある予算だった場合には優良なリフォーム業者でも時には予算オーバーの提案をする事はあると思います。)

悪質な業者ほどたくみな話術で、
予算を無視した提案を沢山勧めて来て、ローン契約や消費者金融を勧めたりして来ます。

次の2点はしっかりと頭に入れておきましょう。
・予算をしっかりと決める(予算オーバーする時は注意。予算オーバーするから値切るというのは危険。)
・価格を値切り過ぎる位なら作業範囲を減らす


これらを無視した提案をしてくる業者には注意をして下さいね。