傷んでいる場所などは写真や動画などを撮ってもらって見せてもらおう

場所によっては、実際に工事などをしないと見せれない場所などもあるが、
大半の場所が写真や動画で見せれるものです。

今はほとんどの携帯電話に写真や動画を撮る機能がある為、
担当者が持っている携帯などで簡易的でも良いので写真や動画などを撮ってもらいましょう。

特に「無料診断」などをしてもらって、
工事が必要と言われた場所は動画や写真などを見せてもらって、
何が問題なのか具体的に教えてもらいましょう。

その時に傷んでいる場所が比較的新しいかったりした場合は特に注意が必要です。
なぜかと言うと、悪質な業者などは故意に傷をつけてリフォームを迫ったりする業者がいるからです。

その為、写真や動画を見せてもらって、
納得のいく説明が無かったり、不自然に傷んでいる場所がある場合は注意をして下さい

写真や動画を見せてもらう事はした方が良いですが、
写真などで問題が起きていていたからと言っても慌てるのではなく、
冷静に対応をしましょう。

ここで慌ててしまうと、
写真や動画を見せてもらう事が逆効果になってしまいます。

悪質な業者ほど、
そう言った心の隙間に入り込んできます。

いくら問題が起きていたからと言って、
即日、工事を勧めて来る場合は注意が必要です。
(中には本当にやばい時もあるので、その辺りは冷静になって見極めて下さい。分からない時は別の信用できそうな所に即相談しましょう。)

ポイントとしては、
問題点がある場所は写真や動画は必ず撮ってもらう。
しかし、どんな状況だったとしても冷静に慌てずに対応しましょう。
即日施工のような焦りは禁物です。

冷静になって、知り合いや信用できそうな他の業者にチェックなどをしてもらうと良いでしょう。