寸法を測る事は悪質業者から身を守る事が出来ます。

寸法を知る事は、
悪質リフォーム会社から身を守る事にも繋がりますし、
リフォームを失敗しにくくもなります。

例えば、悪質な業者ではあ施工場所を寸法を適当に測ったり、
必要以上の大きさで見積もりを計算したりと、
寸法を知っている事によって身を守る事が出来ます。

また、悪質業者などはリフォームをして契約を取る事ばかりに意識が言っているので、
お客さまがリフォームをした後の事なんて考えていない場合があります。

そうなると、リフォームをしたけど、
家具が入らないなどのトラブルを引き起こしません。

寸法は新築時の図面などあれば、
測らなくても分かる部分も多くあります。

その為、まずは図面を用意して、
もし図面が無い場合は専門家に依頼して新しく書いて貰うのも良いかもしれません。

リフォームの規模によっては、
リフォーム会社の方で作成してくれる場合もあるので、
相談をしてみると良いかもしれません。

寸法を測る事は、
リフォームをする上での基礎中の基礎なので、
めんどくさいかもしれませんが、
必ずやる事をお勧めします。

もちろんリフォーム業者に任せればやってくれますが、
騙されたりトラブルを引き起こさない為にもご自身で測る事をお勧め致します。