+1  バリアフリーリフォーム

人気リフォームランキング バリアフリーリフォーム

バリアフリー住宅とは障害物の無い家という意味で、
車椅子や松葉杖でも自由に動きまわることができ、
年をとっても安心して暮らすことができる家です。

様々な種類のバリアフリーリフォーム

バリアフリーにするためのリフォームには、
手すりを取り付ける、ドアを引き戸にする、段差の解消する、などの価格のかからないものから、
廊下の幅を広げる、水まわり(トイレ等)を移動する、
エレベーターを付けるなどの大規模なものまで、
費用も数千円から数千万円まで幅広くあります。

状況や予算に合わせてしっかりと計画を立て、
あなたの家に必要なものをしっかりと見極める必要があります。


しかしながら、バリアフリーリフォームは、
必要になってから慌てて行う人が多いのが現状です。
高齢になってくると、自分ではリフォーム計画が立てられなくなり、
他人任せになってしまうので、
元気なうちにリフォームすることがオススメ
です。

バリアフリーリフォームを成功させるポイント!

バリアフリーリフォーム車いす
そうは言っても、
未来を見据えて完璧なリフォームをすることは難しいものです。

個人住宅のバリアフリーリフォームは、
一人一人の家の事情によってリフォーム内容が全く変わってきます。

将来のことを考えあらかじめ手すりを付けて失敗した方もいます。
手すりを取り付ける場所は、必要になる時の状態によって変わります。
例えば、右利きだから右手で使うだろうと考え、
右側に手すりをつけたとしても、いざ使うとき、
右手の握力が低下して左手で使うから左側に付け替えた。
なんてことも考えられます。

また両側に手すりをつけたせいで、
車椅子が通れなくなってしまい、
結局外してしまったといったケースもあります。


大事なのは
今すぐバリアフリーリフォームをすることではなく、
(もちろん直ぐに必要な方はするべきだと思います。)
将来の色々な状況に対応できるよう、準備をしておくことです。


例えば浴室のバリアフリーリフォームは、
自宅で入るか、一人で入れるか、介護が必要か、で工事内容が変わってしまい、
その状況になってみないと分からないのが現状だと思います。
今すぐ完璧に整えようとするのは難しいですが、
その時に任せられそうなリフォーム業者を探すことは出来るのではないでしょうか。


壁紙の張替えなら、将来的に手すりを付ける可能性のある部分に
補強下地を入れておくと手すり取り付け時に費用が下がりますし、
円滑に作業できるでしょう。
フローリングの張替えや上張りをするなら
段差を無くしておくとなど、将来への準備を整えておくことです。

下準備をしておけば、
その時その時の、様々な状況に対応出来ることでしょう。