第4位 屋根や外壁のリフォーム

リフォームランキング 第4位 屋根や外壁のリフォーム

外壁のリフォームの大部分は塗材による塗装とサイディングの張付けです。


外壁塗装リフォーム

塗材による塗装とは、
住宅の外壁に対し、塗材を単層、または複層に塗り、
その表面に凸凹の模様などを施して仕上げます。
耐水性と耐候性は期待できますが、耐火性や断熱性は期待できません。

塗材による塗装の最大の利点は外観デザインにこだわりのある
壁面に仕上げることができ、色合い・模様なども
自由に決められることです。



サイディングによる外壁リフォーム

サイディングとは、あらかじめ板状に工場生産された建材で、
原料の違いからセメント系、金属系、セラミック系、樹脂系、
木質系などに分類されます。

これらのうち、住宅リフォームで採用されるサイディングは、
セメント系のものと、金属系のものが大多数を占めています。


サイディングのうちセメント系のものを、一般的にサイディングと
呼び、耐水性、耐火性、耐候性に優れ、
わずかではありますが、断熱性も期待できます。


セメント系サイディングは廉価で性能も良いのですが、
デザイン上は色合、模様において、塗材による塗装の
ような自然な風合いは期待できません。
セメント系サイディングが選択されない場合、
大体の理由がこれに当てはまります。

サイディングのうち金属系のものを、一般的にガルバリウムと呼び、
セメント系サイディングと同様に、耐水性、耐火性、耐候性に
優れていますが、断熱性は期待できません。


ガルバリウムとセメント系サイディングの大きな違いは
デザイン性であり、ガルバリウムのシンプルで落ち着いた外観は
近年、人気が上昇し、ガルバリウムの外壁が急増している要因です。



外壁のリフォームには足場を設置する必要がありますので、
一緒に軒下や屋根のリフォームを検討するのが費用的にもオススメ
です。

屋根の役割は、外壁と同じく耐水性、耐火性、耐候性といった住宅の
安全性を担う役割と、住宅の顔としての外観デザインを成形する役割があります。

屋根は住宅において一番過酷な自然環境に置かれていること、
屋根の劣化・機能低下は住宅全体の寿命にも多大な影響を与えるため、
少しでも異変を感じた場合には、迅速な対応が重要になります。