厳しい現実もハッキリと教えてくれるリフォーム会社

リフォーム会社と言うか、
営業と言うのはお客さんに対して、
聞こえの良いことばかりを伝えている方が正直言うと楽です。

しかし、そのような聞こえの良いことばかりを言っていれば、
いつかボロが出る時が来ます。

例えば、リフォームで言えば、
明らかに修繕が必要な部分があった場合も、
お客さんが「なんとか安くして欲しい」と言われると、
"安く工事をする提案"をしておいた方がお客さんには表面的には喜ばれるし、
担当者としても受注が取れやすいので楽なのです。

しかし、良く考えてみて下さい。
先ほどのように「明らかに修繕が必要な部分があった場合」のように、
そこを無視して聞こえの良いことばかりを言っていると、
後でそれが大きな問題になってしまう事もあるのです。

お客さんが「安くして欲しい」と言われたら、
その部分を無視して提案をした方が安く提案が出来るに決まっていますし、
そこを無視した提案であれば他社よりも安く見積もれるので契約にも至りやすいのです。
(その重要な部分は「工事しなくても大丈夫なんですよ!」みたいな適当な事を言って。)


しかし、聞こえの良いことばかりを言う場合と、
厳しい現実をしっかりと伝える場合、
良く考えればどちらが良いのか分かるはずです。

しかし、表面上だけを見てしまうと、
そのように厳しい現実を伝えた良質なリフォーム会社が、
「あそこは見積もりが高い」とかなんて言われ兼ねないのです。


でも、厳しい意見をしっかりと伝えてくれる会社の方が、
安心出来ますし、信用出来る会社が多いです。
(悪質な会社が嘘で厳しい現実を伝えて来る事もあるので注意はして下さいね。)


聞こえの良い話ばかりしてくるリフォーム会社は注意が必要な事もあります。
リフォームするお宅が新しくてキレイであれば老朽化もしていなく問題は無いかもしれませんが、
古い場合は少なからず厳しい現実があるはずです。

そう言った時に厳しい現実もしっかりと伝えてくれる会社を選ばれると、
良いのでは無いかと思います。

また、ポイントとしては、
「厳しい現実を伝える → 何か解決方法を明示してくれる」会社が理想的な会社です。

厳しい現実を伝えて脅すだけのような会社はそれはそれで問題です。

厳しい現実があったとしても、
色々な方法で解決策が必ずあるはずです。
そのような解決策を導いてくれるリフォーム会社を選ばれると良いのではないかと思います。