時にはリフォームをしない事を勧めてくれるリフォーム会社

リフォーム会社と言えば、
名前の通り、リフォームする事が役目のように感じます。

もちろんリフォームをしなければ、
利益が出ないので会社運営も出来なくなってしまうので、
リフォームをしていかなければいけません。


ただ、闇雲にリフォームをすればいいかと言われれば「No」です。
良質なリフォーム会社であれば、
お客さまと長いお付き合いをしていく事を前提として考えているので、
リフォームを勧める事よりもお客さんのメリットにある提案をする事が最重要なのです。

例えばなのですが、
お客さんが荷物が片付かないから収納が欲しいというような事を言ったとします。
リフォーム会社からすればリフォームによって収納を作る事は簡単です。

しかし、モノが片付かないのであれば、
まずは「不用品処分」の提案をしたりした方が良いかもしれません。

不用品を処分してしまえば、
収納を作る必要も無いかもしれません。

もちろん、最後はお客さんが判断する事なので、
やはり収納が必要と言う事であればリフォームして収納を作るべきだと思います。

しかし、中には不用品を処分したら収納なんていらなかったという方がいるのです。
(これは実際に過去にあった事例です。)


このように良質なリフォーム業者であれば、
時にはリフォームをしない提案をしてくれるところもあります。

リフォームをせずに安く済ませれたり、
無駄な工事をしなくて済んだりする事が出来ます。


逆にリフォームばかりを勧めて来る業者は怪しいのではないかと思います。
あくまでリフォームは「手段」です。「目的」ではありません。

手段は色々な方法があるはずです。

収納を作るのも一つの手段。
不用品を処分するのも一つの手段。
大掃除(ハウスクリーニング)をするのも一つの手段。

目的はリフォームでは無く、
「キレイにしたい」と言う事だったりします。


リフォームはあくまで一つの手段なので、
その一つの手段に固執してそればかり勧めて来る業者は・・・。


もちろんお客さんの目的を達成する為に、
リフォームが最適なのであればリフォームをお勧めするべきです。
その場合は当社でもリフォームをお勧めします。

ただ、時と場合によっては、
リフォームが最適とは限らないので、
時にはリフォーム以外の方法をお勧めしてくれるリフォーム会社を選ぶのも一つの手段かもしれません。