挨拶をしないと近隣からクレームが出る

リフォームをする場合は、
近隣には必ず挨拶をしておくことをお勧め致します。

優良な業者であれば、
お客さんに変わってあいさつに言ってくれるリフォーム業者もありますが、
もしリフォーム会社があいさつにいってくれない場合は必ずご自身であいさつ周りをしておきましょう。

リフォームの規模にもよりますが、
基本的には前後左右のお宅もしくは前後左右の3軒先位までのお宅にあいさつをすると良いでしょう。

家の中だけで、
音もほとんど出ないようならリフォームなら良いかもしれませんが、
そうはいっても、入口に大きなトラックが止まったり、
人の出入りがあったりします。


また、外壁塗装などであれば足場を組んだりと、
何かと近隣に迷惑がすくなからず掛かってしまうものです。

親しき中にも礼儀ありの精神で、
仲が良いご近所さんでも必ずあいさつをしておくことをお勧め致します。


ちょっとしたリフォーム工事程度であれば、
あいさつだけでも良いかもしれませんが、
長期的な工事などになる場合は、
菓子折りなどを持ってあいさつに行くくらいの配慮が必要になって来ると思います。

たったこれだけの事をするかしないかだけで、
大きなトラブルを避ける事が出来ます。

あいさつをしなかった事によって、
今まで仲良かった方が怒ってしまったりする事があるなど聞いた事もあります。


リフォームは、工事をしたら終わりではなく、
工事をした後に長く住み続ける事になると思うので、
先の事も考えて、余計なトラブルを避ける為にも、あいさつ回りをしっかりとする事をお勧め致します。

リフォーム会社が変わりに行ってくれる場合は、
任せてしまうのも有りだと思いますし、一緒にあいさつ周りをするのも良いと思います。