大幅な値引きをする業者、値切り交渉が出来る業者

値切りが出来る業者ほど親切な業者に見えてしまうものですよね!?

でも、ちょっと待って下さい。
冷静に考えてみて下さい。

もし元々、適正な価格だった時にそんなに値切りが出来ると思いますか?
値切りが出来るには値切りが出来る理由があるのです。

悪質なリフォーム業者ほど、
最初に出した見積もり価格よりも大幅な値引きをしてきます。

良質な業者であれば、
最初からある程度の適正価格の見積もりをしてくれる為、
あまり大幅な値引きをする事が出来ません。

最初から適正な見積り価格だった場合、
値引きをすれば赤字になってしまうため、
基本的には大幅な値引きは出来ません。

ただ、お客さんの予算が足りない事もあると思います。
そんな時には、大幅な値引きは出来ない変わりに、
他の提案やランクダウンなどの提案をする事になります。

見積もりから数十%以上の値引きがあった場合が注意が必要です。
そういった値引きが出来るのは、
元々の見積額に問題があった可能性があります。

もちろんランクダウンや作業範囲を減らしての値引きはあり得ます。
その場合は、そもそも掛かる経費や費用が削減出来るから、
値引きは可能です。

内容も変わらないのにも関わらず、
大幅な値引きがある場合に注意が必要です。

これは元々、法外な見積りを出しておいて、
その金額で契約出来たらラッキー、
最低でも大幅な値引きをして契約をしようとする悪質リフォーム業者の手口です。


大幅な値引きをしても利益が出る金額に最初からしてあるのです。

そんな見積もりをしてくる会社にまともな業者は無いと思った方が良いです。

基本的な良質な業者であればあるほど数十パーセントの値引きは出来ません。
出来たとしても何か条件がある場合などだけです。

例えば、施工完成モニターや動画撮影の許可を貰う場合などは、
利益度外視で割引をしたりする事もあります。

ただ、そういった例外を除いては、
大幅な値引きは基本的には出来ないはずです。